胃透視

  1. HOME >
  2. 胃透視
バリウムを約200cc飲んでいただき、X線を使い食道・胃・十二指腸の病気を調べる検査です。

特に胃全体の形・大きさ・粘膜の状態(ポリ-プ・潰瘍・ガン)などがよくわかります。
この検査を受けるに当たっては、検査前日の夜9時以降から何も食べない・飲まない又検査当日の朝も食べない・飲まないで来院してもらいます。
(なお、タバコを吸われる方は、タバコも控えて下さい。)


検査の手順


① 胃の動きを止める注射をします。
② 胃をふくらます粉薬を飲んでいただきます。(これ以後、ゲップは我慢して下さい.)
③ バリウムを飲んでいただきます。
④ 指示に従い、体の向きを変えていただき撮影します。

以上が、検査の流れです。だいたい15分位で検査は終了します。

検査終了後は、速やかにバリウムを排出する為に、下剤を飲んでいただきます。
その日1日は水分を多めにとって下さい。

検査機器部屋数機器メーカー
一般撮影室5室
〔HITACHI製〕
X-TV(透視室)3室
〔HITACHI製〕
骨密度(DEXA)1室
〔HITACHI製〕
マンモグラフィー1室
〔GE製 Semographe800T〕
CT2室
〔GE製 LightSpeedU/tra16 他〕
MRI2室
〔GE製 SigmaMR/i 1.0T 他〕






BACK