大腸バリウム検査

  1. HOME >
  2. 大腸バリウム検査
大腸X線検査(注腸/大腸バリウム検査)は胃カメラ検査、胃バリウム検査と異なり、
検査当日の朝食抜きのみでは、お腹の中が空になっていないために検査できません。

検査には前日より食事注意、及び前処置が必要です。

食事及びの前処置のお薬のご注意は当院で行っていますので、検査される本人または代理の方が一度当院に来院し、検査の予約が必要です。

〔予約手順〕  受付窓口 → 検査希望 → 内科へ


大腸X線検査を受けられる患者さんへ


【検査前日の準備】

◎腸内をきれいにするため、朝から就寝までの間に
お茶、ウーロン茶、麦茶、コーヒー・紅茶(ミルク・レモンは入れない)、スポーツドリンク、果実や粒々の無いジュースなどを、時間に関係なく、できるだけたくさん飲んでください。(一日で2ℓ以上)

 ※飲んではいけないもの
牛乳などの乳製品、炭酸類、果実入りジュース、果実100%ジュース、アルコール類
 
◎常備薬のある方はいつも通り服用してください。

【食事の仕方と下剤の使い方】
時間食事注意
朝食いつも通り
昼食いつも通り
間食いつも通り
午後5時~6時
夕食
いつも通り
午後7時粉薬(マグコロールP 1袋)を水に溶かして飲んでください。

1袋を水180mlに溶かして飲んでください。
午後9時水薬(ラキソベロン)1本全量をコップ一杯の水に入れて
全部飲んでください。
午後11時ごろ下痢が始まることがありますが、下剤によるものですから
心配はありません。
検査前にできるだけ排便してください。


【検査当日の準備】
 
◎早朝も下痢が続く場合がありますが、検査が始まるまでにできるだけ排便してから検査を受けてください。

◎検査終了まで食事はとれません。

 血圧、心臓についての常備薬がある方は、いつも通り内服してください。
 水分は、あまり飲まないでください。
 ただし、検査開始2時間前まで500ml程度はとることができます。

◎検査開始2時間前
 坐薬を入れた後排便してください。


  この時間以降は水分も取らないでください。

大腸がんの検査をお勧めします.jpg 





BACK