サイトマップ

小児用肺炎球菌

  1. HOME >
  2. 小児用肺炎球菌

肺炎球菌とは


体力が落ちているときや、小児で免疫力が低下してくると、目に見えない病原微生物が原因となって病気を引き起こします。
その病原微生物の一つが肺炎球菌です。
主な病気としては、肺炎、気管支炎、副鼻腔炎、中耳炎、髄膜炎などがあります。


肺炎球菌ワクチンとは?


肺炎球菌ワクチンとは、肺炎球菌によって引き起こされるいろいろな病気(感染症)を予防するためのワクチンです。

2ヶ月~7ヶ月未満初回免疫:3回
追加免疫:1回(初回免疫後おおむね1年後)
7ヶ月~12ヶ月未満初回免疫:2回
追加免疫:1回(初回免疫後おおむね1年後)
1歳以上~2歳未満2回
2歳以上~9歳未満1回


≪公費接種≫ 千葉県の全ての市町村在住の方ができます。
          公費での接種は生後2ヶ月~5歳未満までです。 
                      
 
    
≪自費接種≫  いずれの市町村の方でも接種できます。
           【 プレベナー 】  1回 9,180円です





BACK